選別ラッシュの時期が続きます。
二回目の選別から、少し楽ですが、一番選りはしんどいですね。ルーペを付けながらの選別は目が疲れる~!

IMG_20170416_131309.jpg

昨日産卵の仔で、今年の仔採りはとりあえず終了しました。もうお腹いっぱいです。
今年はお友達のもらいっ仔を含めいろんなタイプの仔ができそうで楽しめるかも?

3月の仔は赤虫中心の飼育です。
IMG_20170417_150715.jpg

水替え翌日の夕方には大量の糞で、飼育水もこんな感じにドロドロになります。
水替え時にバイオっを投入しておくと、白濁感が薄れ飼育水がこなれた感じになり悪臭が大幅に減るので使用効果が直ぐに分かると思います。ただし、赤虫が食べられるサイズから色変わりが始まるまでの約1か月が勝負ですので、餌をより多く食べさせるために新水の刺激が重要ですので、水替えも頑張りましょうね。
IMG_20170418_183219.jpg

今年は人工授精が今一です。
オスの精子はバッチでしたが、受精率が良くないですね。
無精卵だらけのように見えますが、結構孵化しました。
IMG_20170405_135637.jpg

稚魚は立ち上がりも良く、奇形も少なくかなり整っていますね。不思議だ!(画像は孵化後6日目)
IMG_20170413_130332.jpg

卵の時からちょこっと入れておいたミジンコもこんなに増えました!
IMG_20170413_130337.jpg

今年は(今年も・・・)産卵が出遅れて、鼻たらして産まない魚を見ていたら、お友達から稚魚を送っていただいちゃいました。
ありがとうござます。
お友達のイッシーさんは卵まで送ってくれたのですが、これがまた受精率100%と言えるほどすごい受精率でした。
写真撮っておけばよかった・・・

HONOは孵化から3週間経過した頃から、粉餌や砕いた赤虫も与え始めます。
冷凍赤虫を水で解かして与えるのも良いかと思います。
ブラインシュリンプ飼育の時期から比べ、飼育水もいっきに汚れてきますね。
水替えも徐々に早める必要があると思いますが、水替え時には必ずバイオを投入しています。水当たりも防げて安心です。
まだ、夜間は蓋をした飼育ですが、蓋を開けた時にの飼育水の臭いがバイオを投入した場合とそうでない場合では全く違いますよ。

IMG_20170413_092712.jpg
相変わらずきたないカナヅチ!!

IMG_20170413_092811.jpg

IMG_20170413_092819.jpg

IMG_20170414_101639.jpg
だんだんらんちゅうっぽくなってきましたが、日に日に大きくなっていくので、見ていて楽しい時期ですね。
HONOの飼育場は日中(晴れた場合)窓を閉め切ると30度近くまで室温が上がります。
朝晩は10度以下まで下がるので、夕方から保温対策が必要です。
波板の上に保温マットをかぶせて保温しています。(夜中にブレーカー落ちたらアウトだべさ!)

IMG_20170401_110453.jpg

一番仔、二番仔はまだ、針仔状態です。
お友達にいただいた稚魚は一回目の選別を終えました。
まだ池に余裕がありましたので、選別しやすいサイズまで大きくできました。
1500×1500の舟で500匹位残した感じです。
腰の太いタイプでこの先が楽しみです。

IMG_20170403_131317.jpg

IMG_20170403_144648.jpg


IMG_20170403_105548.jpg

シュリンプは8リットルの梅酒の便で4本湧かしていますが、明日から隣にもう4本増やす予定です。
発砲スチロールのケースは厚みのある特大サイズで金魚屋さんからもらってきました。
夜間はスモールライトを点けています。
IMG_20170401_110419.jpg