FC2ブログ
青水を作っていたプラ舟からHONOの不注意でエラ病を出してしまいました~!
ハウス飼育の場合、あっという間に全池に広がるので注意していたのに・・・
今年は最後までノーエラでいく予定だったのに~!!へまこきました。
5月初め孵化の最後の仔のバイオ飼育セットも出せない状況になってしまい。すんません。

4日ほど塩漬けで餌は一週間切る感じで順調に回復してきました。
早期の場合でもしっかり餌切りして、完全な状態から餌を再開しないと長引きますので我慢です。
後、2日ほどで全ての舟で餌を再開できそうです。
ここ2日ほど水温が高かったので治りやすい状況でした。

塩漬けの時の画像です。一列に並んで回復待ち!
Copied_1467892712589.jpg

こちらは全快して餌食いもピラニア状態です。
W800Q95_20160711_132613.jpg

エラ病の治療はとにかく早期治療が重要ですね。<調子を崩した見極めが難しいけど・・・>
HONOの治療方は、水替え(100%新水)+塩は0.5%~0.8%(魚の体力がある時は濃い目)で糞を出しきらせます。
糞を出しきらせるため、3日~4日はほぼ毎日水替え+塩がいいと思います。
最も重要なことはしっかり治りきるまで餌を与えないことですので、回復したように見えても、1週間程度は餌を切るようにしています。その方がぶり返すことが少ないです。水温はこの時期であれば25度以上あると治りが早いですね。水温の低い時期にやってしまうエラに比べ夏場は楽だと思います。

ちょっと遅れをとってしまったけど、これから挽回しま~す!
一度エラを経験しておくと品評会後の養生や秋口が楽なので・・・と負け惜しみ