冬眠明けの床直しから2週間が経過しました。
最初の1週間は餌なし、2週目は1日一回の餌やりです。
昨日から1日2回のペースにしています。
今までのの水替えは週一回で三分の一程度でした。今年はかなりバイオ入り古水で引っ張っています。
晴れた日が続くと青水が濃くて魚が全く見えませんね。

s-IMG_20170126_124848.jpg

s-IMG_20170126_124855.jpg

<本日水替えした舟>
s-IMG_20170124_181456.jpg

今日は日中25℃まで飼育場の室温が上がりました。(夜の室温は3℃かな?)
15℃ヒーター設定の舟も18℃まで水温が上がっていました。
雌のお腹が柔らかくなってきています。昨年は水替えが早く失敗したので今年はじっくり仕上げようと思います。
朝晩は寒いですが、晴れの日が続いているので、蓋をした舟の水温もヒーターなしで15℃まで上がってきました。
青水が濃くて魚が見えませんが、元気に泳いでいます。
こちらはバイオシークスルーA/B投入で冬眠させた舟です。水質が良くなる分きれいな青水になっています。
s-s-IMG_1166.jpg

舟底の汚れ掃除のため、床直しを行います。
別の舟に前日に張った4/1程度の新水に古水をポンプで移動しました。
s-s-IMG_1169.jpg

s-s-IMG_1175.jpg

簡単ですが、床直し終了です。みんな元気に泳いでいます。
当分の間、ヒーターを15℃設定で設置し、冬眠明けとなりますが、HONOは2~3日魚が餌を求めてガンガン泳ぎだすまで餌は与えません。餌の与え初めは1日一回から軽くって感じですね。
特に雌はバイオで古水の水替えを伸ばし、じっくり腹を仕上げる方がベストと感じています。
s-s-IMG_1176.jpg
HONOの飼育場の場合、冬眠明け準備として、まずは飼育場の全開だった窓を閉めます。
s-1483153686113.jpg

これだけで、3~4℃だった水温も日中10℃位まで上がります。(晴れた日の場合)
s-20170110_190006.jpg

本日、水温が11℃まで上がったので、古水(水替えせずに)のまま蓋をしました。
明日の日中は最高で15℃位まであがると思います。
s-20170110_191031.jpg

15℃程度まで上がったら、ヒーターを15℃設定で投入します。
s-20170110_192606.jpg

床直し(冬眠明け最初の水替え)は、水温だけ上げてしばらくしてからにします。
餌もまだ与えません。魚がガンガン泳ぐようになってから少しずつ与える予定です。
冬眠明けに水替えし過ぎて失敗しているので、バイオ入りの古水でじっくり仕上げていく予定です。
昨年、母が他界し今年は喪中の年明けですので、新年のご挨拶は失礼させて頂きます。

お正月は少しのんびりさせていただいていま~す。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
s-20170103_164633.jpg
              バリバリ冬眠中
今年もお世話になりました~!
バタバタした年でブログの更新もほとんどできませんでしたが、来年こそはがんばりやす!

最低気温も下がってきて、冬眠本番となってきました。

s-20161228_201133.jpg
               冬眠組も順調です。


こちらはお正月早々に起こす予定の種候補です。
どの組み合わせで仔を採るか考えていますが、いつも思うようにいったことないけど・・・
s-20161228_201122.jpg
HONO丸エアーストンの洗浄を行いました。
通常、漂白剤で汚れを落としていましたが、最近は高圧洗浄機で汚れを落としています。
いっきに汚れが落ちてとっても楽ちんです。

定期的に汚れを落とさないと目詰まりの原因となりますね。
s-20161225_133549.jpg

汚れたHONO丸をかごに入れて向きを変えながら高圧洗浄!
s-20161225_134039.jpg

苔なども落ちてかなりきれいになります。
s-20161225_134518.jpg

細かくて柔らかい泡でええでがしょう!
s-20161223_163247.jpg
ここ二日ほど暖かいので魚が泳いじゃって冬眠という感じじゃないですね。
二歳魚の舟の青水はかなり濃くなってきました。調子も良くいい感じで冬眠続行です。
バイオシークスルーは10日に一回ほど投入しています。
HONO丸エアーストンは2個入れていますが、水流がおきないようにエアーを絞って細かい泡にしています。

s-20161222_200703.jpg
                1600×1100の舟

s-20161102_162040.jpg
                 二歳雄種